・インプロ・リンク国内 国外  ・インプロ公演カレンダー  HOME
◆インプロとは  ・インプロシアター 入門  ・インプロワークショップ  ・インプロのススメ。 



インプロシアター

入門



インプロシアター入門
インプロ・シアターは、観客のアイディアをその場で舞台化する即興劇ですので、お客様の積極的な参加が欠かせません。このページでははじめてインプロ・シアターにいらっしゃるお客様のための簡単なガイドをご提供しています。 (下記はNeXT IMOPRI THEATREでの例です。)


5つの参加方法があります
【参加方法1】タイトルカードを書く

受付で「タイトルカード」をお渡しします。
「行ってみたい場所は?」
「やってみたい職業は?」
「文章をひとつ自由に書いてください」など、
いろいろな質問があります。
席に着いたら、「タイトルカード」に記入して下さい。
即興劇を開始する前にスタッフまたは出演者が回収に伺います。

お芝居のはじまり。
あなたのアイディアがその場で舞台化される瞬間。
「タイトルカード」が無作為に選ばれ、読み上げられます。
役者達は、頂いた言葉からイメージやストーリーを広げて
その場でまったくの即興で物語を作り上げていきます。


お客様に書いていただいたカードの台詞を使いながらストーリーをすすめていく「ペーパーズ」等のゲームもあります。

【参加方法2】インタビューに答える
司会者や出演者がお客様に直接質問をさせていただく場合もあります。
「ことわざをひとつ言って下さい」
「好きな音楽のジャンルは?」
「昔話のタイトルを教えて下さい」等、質問は毎回異なります。

役者達は、タイトルカードと同様頂いた言葉から物語を作り上げていきます。
時には言葉だけではなく、旅行の思い出などのストーリーをお話しいただき、
そのお話しをもとにミュージカルを作ることもあります。
「好きな音楽のジャンル」「映画のジャンル」等をお聞きして、そのスタイルで物語を作る場合もあります。
(「スタイルズ・リプレイ」「スタイルズ・ローラーコースター」「シング・アバウト・イット」等)

【参加方法3】舞台に上がる

時には、お客様に舞台に上がって手伝っていただくこともあります。

【参加方法4】小道具やBGMを提供する

その日のショーの内容によっては、お客様の鞄の中の物をいくつかお借りして小道具として使ったり、CDをお持ちいただいてそれをBGMとして使いながら物語を進める場合もあります。

【参加方法5】笑ったり泣いたりする

インプロ・シアターが盛んなアメリカで毎年のように公演を行っている俳優達は口をそろえて「日本人の観客はおとなしすぎる!」と言います。インプロ・シアターは腕組みをして構えて見るものではありません。出演者とお客様全員で作り上げるものです。物語は時にコメディになり、時に悲劇変わりながら、感動的なエンディングへと即興で進んで行きます。 観客は、演じ手たちの中にイマジネーションが生まれ、形になって表現される瞬間を目にし、何気ない言葉からドラマがうまれる感動を味わうことができます。5感を全開にして、リラックスして楽しんで下さい。

ネクスト・インプロシアターはこちら⇒NeXT IMPRO THEATRE



▲TOP NEXT⇒

http://www.improjapan.co.jp/
 info@improjapan.jp
Copyright Impro Japan. All rights reserved.